「NHN ハンゲーム株式会社」は、2019年8月1日をもちまして、
ココネ株式会社がその全株式をNHN JAPAN株式会社より譲り受け、
ココネ株式会社の100%子会社となりましたことを、ここにお知らせします。

あわせて、社名は「cocone fukuoka 株式会社」に変わり、
同社が運営する日本国内のゲームポータルサービスも
「ハンゲーム」から「ハンゲ」へと名称変更予定※1 にて、新しいスタートとなります。
※1)2019年10月16日にサービス名称の変更を行いました。(追記:2019年10月16日)

私、千 良鉉は2009年にココネ株式会社の代表取締役に就任し、現在はココネグループ全体の会長の任にあたっております(ココネ株式会社は2008年創業)。 このたびグループ事業として継承しました「ハンゲーム」は、2000年(平成12年)に私が創業したサービスでございます。 この令和元年のタイミングにおいて、ココネグループに迎えることになりましたことに、深いご縁と大きな意義を感じております。 改めて、「ハンゲーム」創業以来、これまで19年もの長きにわたり、たくさんのお客様とお取引先様に「ハンゲーム」へのご愛顧を賜りましたことを、心より感謝申し上げます。

思い返せば、19年前の「ハンゲーム」のサービス開始当初、日本のブロードバンド環境はまだ完全に整備されておらず、インターネットを通じて他のお客様と一緒にゲームを遊ぶということも一般的ではありませんでした。 その時期に「ハンゲーム」は、インターネットを通じた新しいエンターテインメントとして“ゲームポータル”というサービスジャンルを発信すると同時に、現在にも続く、“ゲームポータル”としてのビジネスモデルを確立したと自負しております。

たとえば、無料で遊んでいただける多種多様なゲームを提供し、その中で部分的に課金する方式、自社制作のゲームだけでなく他社との提携によってゲームを提供するチャネリングモデルの導入、アバターの有料化など、いずれも「ハンゲーム」が、日本で初めて構築したモデルです。 このように、「ハンゲーム」は創業以来、オンラインゲームおよびオンラインコミュニティ市場の歴史を担ってまいりました。

私は、2009年にいったん「ハンゲーム」を離れてココネ株式会社を始業し、同社ではアバタービジネスを発展させ、キャラクターをコーディネートして楽しんでいただく“CCP(Character Coordinating Playの略)※2”サービスに特化してまいりました。 この度、オンラインゲーム黎明期から19年の歴史を持つ「ハンゲーム」を、アバターなどにおいて親和性の高いサービスを展開するココネ株式会社のグループの一員として迎えることで、ゲームポータル老舗のノウハウをもとに、これからの時代にあったサービスを創り、更にお客様に愛されるサービスを目指してまいります。

そして、同じ系譜を持つ会社として、それぞれの企業文化を融合することで、次なる化学反応を起こしたいと企図しております。 新たなカタチの「ハンゲ」サービスおよび「ココネグループ」の展開にどうぞご期待ください。

引き続き、新生「cocone fukuoka 株式会社」ならびに「ハンゲ」サービスへのご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

2019年8月1日

新たな門出にあたり
ココネグループ
会長 千 良鉉

  • ※1)2019年10月16日に「ハンゲーム」から「ハンゲ」へとサービス名称の変更を行い、伴いまして、サイトドメインも「hange.jp」に変わりました。
    ポータルサイトTOP:http://www.hange.jp/ (追記修正:2019年10月16日)
  • ※2)“CCP”サービスとは、Character、Coordinating、Playの略で、キャラクター(Character)が存在し、コーディネート(Coordinating)要素をもち、遊ぶ(Play)ことができるサービスのことを、“CCP”ジャンルと定義しています。 “飾って楽しむソーシャルサービス”、“飾る要素を持つゲーム“など、ココネは”CCP“サービスの 企画・開発・デザイン・運営・マーケティングを全て自社で行い、世界的にもトップランクのノウハウと実績を有しています。